お金を借りる際の契約書の種類

お金借りる方法はいくつかありますが、貸す側にといっては確実に返済してもらうために契約書として書面として契約情報を記録しておくのが一般的な方法です。記録しておかなくても客観的な証拠があれば返済を求めることは可能ですが、それを立証するまでに時間が掛かりますし、なによりスムーズに手続きが行なえません。このためどのような業者であっても契約を結ぶことになります。お金を借りるさいの契約の種類としてはカード方式と個別方式の2種類があります。

カード方式による契約書は初回に契約を結んだ時点で期限や借入限度額を定めるもので、いつでもどこでも繰り返しお金を借りることができるものです。契約書にはカード会員規約、極度設定契約書、融資限度設定契約書などと記載されています。これらは消費者金融や信販会社、また銀行のカードローンなどが対象の契約書になります。
一方で個別方式では、一つのお借入に対して契約書を結ぶもので書面には金銭消費貸借契約書と記載されています。この場合には目的ローンなどの決まった目的に対してお金を借りるさいに使われるものです。

いずれも共通している内容は借りる人の個人情報と融資金利、延滞金利、返済日、返済方法、返済が遅れた場合の取扱方法ですが、カード方式では契約の有効期限、利用可能金額が記載され個別方式では返済回数、利用金額が記載されます。また担保をとってお金を貸し付ける場合には、その担保の取扱や契約費用などが記載されています。